がんじろう スナップショット~2

とらおです今日、19日はがんじろうの5ヶ月目の月命日。あるじが、携帯電話の画像データを整理していたら、がんじろうの写真がSDカードに残っていたんだよちょっと睨んでいる怖い顔とか、僕とじゃれている、まだ尻尾が健在だったころの写真もあったよ


●怒り顔がんじろう
怒るがんじろう怒るがんじろう








だるそうながんじろう



●ぶりっこがんじろう
ぶりぶりがんじろう

ぶりぶりがんじろう




●僕とじゃれるがんじろう
僕とがんじろう

僕とがんじろう




●イスの上で僕と一緒のがんじろう
イスの上で

イスの上で

イスの上で




●(=`ェ´=)猫タワーの上で僕とパチリ
ネコタワーの上で



あるじは、がんじろうに対して後悔の念を持っているんだけど、それは自分への罰だし、後悔を忘れずに、がんじろうの冥福を祈ってゆくシオリのようなものなんだって。


がんじろう スナップショット~1もご覧下さい。



だれもが奇跡にめぐり逢う―こころのチキンスープ〈16〉

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年05月19日 16:04
がんじろう君の月命日なのですね。私も一代目の猫が亡くなった後は、毎月毎月月命日を忘れた事がなかったです。「今日は一年六ヶ月目の月命日」などといって・・
一代目は17才まで生きてくれました。もうすぐ4年になります。
がんじろう君はまだ小さいようですが、何で亡くなったのでしょうか?尻尾が健在だった頃・・とありますが、どうかしたんですか?
もし、つらくないようでしたら教えて下さい。
2007年05月19日 19:17
ノアさま
こんばんは。こちらへのコメントありがとうございますm(_"_)mがんじろうは、突然亡くなったため死因は不明のままです。・・・けれど、その前に私の不注意から落下事故・怪我をし、敗血症になりました。北側の2Fの窓には防犯のため、縦の格子がされていますが、まだ小さかったがんじろうは、何かの拍子に網戸が落下し、窓枠の外へ出て窓サッシの縁と格子の間を歩いたのでしょうか、格子の幅(約15センチ)から落下したのです。隣との間は、物陰ということもあり、廃棄処分すべきものが色々と放置されている空間でした。落下に気がつき、慌てて直ぐに捜索・保護しました。・・・しかし、その時に尻尾の傷に気づかず、去年の異常な暑さも作用して腐敗が起こりました。
→つづく
2007年05月19日 19:20
匂いで気づき、獣医師のものに駆け込み、血液検査をしました。すると、傷の状態にも関わらず白血球が少なかったのです。それは、①身体が戦い終わって負けた状態 or ②これから戦って数値が上がる、のうち、①つまり敗血症(重体)との結論でした。先生からお話を聞きながら、自分の不注意さが起こした重篤な状態に涙が出そうでした。3週間の投薬と消毒を続け状態が安定してから、絶尾(尾の2/3を切断)。回復したかと思っていたのですが、私の目が不十分だったのでしょう。。。年末、帰宅後の夜、猫トイレで突然に具合が悪くなり、瞬く間に心臓が止まりました。必死で心臓マッサージを続けたのですが・・・まだ温かかった体をタオルで包んで猫ベットへねかせてあげました・・・。後悔ばかりです。。。一生背負ってゆくべき私の罪です。
2007年05月20日 00:00
つらい、悲しい最期を書かせてしまったようですね。ごめんなさい。
そんなにご自分を責めることはないですよ。これがとらじろう君の運命だったと思います。どういう生まれをした子だったのかわかりませんが、一時でも温かいベッドで眠ることができ、美味しいものが食べられ、とら母さんのぬくもりを感じることが出来て、それで十分満足しているはずですよ。
猫はなめて治すといいますけど、仔猫のがんじろう君にはまだ免疫力がなかったんでしょうね。
今のニャン達の病気に神経を使ってしまうお気持ち、これでよくわかりました。
2007年05月20日 00:57
(TT)(TT)(TT)
言葉が出ません…
私も今はブッちゃんが小さな風に成って
部屋で一緒に居ると思い
独り言で語りかけています。
がんじろうちゃんが一時実家?から,とら母さんの元へ戻って来たと過去のブログに?うる覚えですが…(違ってたらごめんね)とら母さんの近くに居れて天国に召されてきっときっと幸せだったでしょう。
先輩から頂きはった籐のカゴも…とら母さんの愛の温もりを有難うにゃ~~ってきっときっと感謝してますよ。
一生背負ってゆくべきとら母さんの罪では無く、一生思い出に残る可愛い楽しい日々だったのです。
2007年05月20日 12:03
ノアさま
うまく言葉にできませんが、ありがとうございます。。。そうですね、きっとがんじろうへの後悔と思いが、今のニャンコズに対する心配性になっていると思います。。。
今日もよい天気ですね。通称「がんじろうの木」に、4つ目のつぼみの兆しと、根元に新しい株からの芽生え(若葉)がありました。
2007年05月20日 12:07
ヒメチューさま
お言葉ありがとうございます。最初の多頭飼いへの挑戦ががんじろうでした。そのため戸惑う私をよそにとらおとがんじろうは自然に打ち解けたのですが、先住猫のとらおを気づかう余り、私とがんじろうとの間には最後まで溝があったように感じているのも、シコリとなっている原因です。
昨日、がんじろうの木の2番目の花が咲きました。その代わり、最初の花は役目を終えて花弁がしぼれて来ました。いのちの循環なのですね。
2007年09月04日 16:19
前記事、読ませて頂きました。
とら母さんも辛い思いをして
いたんですね。
でも、自分を責めるのは
がんじろうくんも喜びませんよ。
がんじろうくんがいたから
今のとらおくんとちゃたくんが
幸せに 暮らせられるのですから・・

こんなに写真が残っていて、
とら母さんに可愛がられて
がんじろうくんは 幸せだったと
思っていますよ。

今があるのは、がんじろうくんが命をもって、教えてくれたのですね
すべて、がんじろうくんのお陰なんだね!
「この世に生れて来た命に
無駄な命なんて、一つもない」
ですね。

前の記事にコメントを・・・・
また、思いださせましたm(__)m

この記事へのトラックバック

  • がんじろう:1周忌

    Excerpt: あるじです今日は、亡くなったがんじろうの1周忌です。去年の今日、亡くなりました。平日は会社があるからお墓参りができないので、先日、菩提のある深大寺動物霊園へ.. Weblog: キジ猫とらお 仙川日記 racked: 2007-12-19 14:44