キジ猫とらお 仙川日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 思い出のアメリカ ワシントンDCの夏:リンカーン記念館

<<   作成日時 : 2009/01/24 23:02   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0


こんばんは〜(o^^o)


アメリカでは第44代大統領にして、黒人初の大統領であるオバマ大統領が20日に就任しましたね。



時折映る、首都 ワシントンDCの景色を懐かしく感じながら観ていました。



ワシントンDCは、私にとってアメリカで一番思い出深い土地なのです。



きっかけは、高校生の時に英語の授業でならった「マーティン・キング牧師の有名な演説:I have a dream(私には夢がある)」です。 



演説の内容を教科書の文字で学習してから、先生はキング牧師の演説テープを聞かせてくれました。


力強く、抑揚に富んで、意思の強さをカンジさせる。。。精神がある高みへ舞い上がったような崇高な名演説です。
でもどこかで、悲劇のかおり(キング牧師が生きている間には理想(彼の「夢」は実現を見ないだろうという)をカンジさせて、心打たれるものでした。「私はそこへ行ったのです」・・・と、確か、理想の達成される未来の世界を見てきたような予言めいた一節が演説の中にあったのを記憶しています。




マーティン・ルーサー・キング・ジュニア
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


I Have a Dream

この年に行われたワシントン大行進においてリンカーン記念堂の前で有名な“I Have a Dream”(私には夢がある)で始まる演説を行い、人種差別の撤廃と各人種の協和という高邁な理想を簡潔な文体と平易な言葉で訴え広く共感を呼んだ。

当該箇所の演説は即興にて行われたものといわれるがその内容は高く評価され、1960年に就任したジョン・F・ケネディの大統領就任演説と並び20世紀のアメリカを代表する名演説として有名である。







高校生だった私が感動しながら思っていたことは、「リンカーン記念館」の階段で、リンカーンの大きな座像を背に、大群衆を前に演説したキング牧師の目の前にはどのような景色がひりがっていたのだろうか・・・

大群衆を前に演説したキング牧師

※教科書にはこの写真しかなかったので、視線のこちら側の光景を見たいと思ったのです。





それを観てみたい!!!知りたい。



という強い思いでした。





時が過ぎ・・・・就職して、当時学校の先生をしていたこともあって、スケジュールをなんとか調整して、3週間のアメリカ一人旅を決行したのです。


アメリカの首都が移転した順序に
NY→フィラデルフィア→ワシントンDCと旅して・見て回る




アムトラックでワシントンDCへ入ると、その日のうちに夢にまで見た「リンカーン記念館」の階段へと向かいました。




真夏の夕暮れ時。リンカーン記念館の階段の中断に座る。

この景色を見ながら、キング牧師は、「私には夢がある」の演説をしたんだ。。。

こんな景色が広がっていました


真夏の夕暮れ時








ふと・・・隣を見ると、アメリカ人の親子三人も、何も言葉を交わすでもなく、ただただこの景色をじっと眺めていました。その姿は、これが私たちの国の理想の形なのよ。。。と親が子供にみせているかのようで。今回、「自分たちが選んだ大統領」に歓喜する姿をみて羨ましい!!!と思ったのと同じくらい、羨ましいと思いました。


「この国の理想」とは・・・映画「フォレスト・ガンプ」にも登場したこの場所。
映画「フォレスト・ガンプ」にも登場したこの場所




●手前が「奴隷解放宣言」のリンカーン記念館。リンカーンの大きな座像が同じ眺めを観る向きで座してます。

●そして、中央のオベリスク。これは、初代大統領 ジョージ・ワシントンを記念するものです。

●手前の水溜り・・・これは、「リフレクティング・プール」(反射する池)という意味で、初代大統領 ワシントンの理想であるオベリスクを「映す」ためのもの。

●そして、少しだけ一番奥に映っているの「国民の代表が集う 国会議事堂」です。

●なんと、大統領の執務室 オーバル・ルームがあるホワイト・ハウスは、この景色で言えば、左奥の方にあって、建国の理念の一直線(リンカーン→ワシントンのオベリスクと反射プール→議事堂)上には無いのです。






この壮大な建国の理念を眼前にみて、言葉もなくただただ感動でした。





おまけが二つあるのです。

1.この景色が見れるリンカーン記念館のすぐ右にお土産売場があるんですけど、そこにTシャツが売っていました。
 「Freedom is not Free」(自由はただではない)とい文字がプリントされたものがあって、目から鱗の土産品でしたね。アメリカの人種差別や権利と責任の歴史を思うとき、この言葉は、「自由ときまま」を履き違えている日本の若者に知ってほしいと思うくらい衝撃的な品でした。


2.念願の場所でしたからたくさんおさしんを撮ったんですよ。
その後、オハイオ州の友人(メーガン)の家に移動してから現像にだしたら、リンカーン記念館付近でとったフィルム2本分が、全て感光しちゃってて、おさしんは全てぱ〜でした(ToT)




またその目で観に来いよ



ってことかな。




ワシントンDCには1週間ちょっと滞在していたので、色んな経験をして、思いでもたくさんあるので、今回のオバマ大統領の就任に関しては、「キング牧師」「リンカーン」がキーワードのように出てくるし、「あの景色」も幾度も登場するので、ついつい昔の思い出話をしてしましました。




また、機会があったら、この他の思い出についても書いてみたいと思います。





B08 ワシントンDC―2007?2008
ダイヤモンド社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



生声CD付き [対訳] オバマ演説集
朝日出版社
CNN English Express編

ユーザレビュー:
オバマの生の肉声で英 ...
多くの演説が抜粋なの ...
インターネットでタダ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
またまた お宝探しキャンペーンスタート
やっと気づいた「お宝探しキャンペーン」 http://webryblog.biglobe.ne.jp/campaign/takara/ ...続きを見る
キジ猫とらお 仙川日記
2009/03/05 11:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
思い出のアメリカ ワシントンDCの夏:リンカーン記念館 キジ猫とらお 仙川日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる